◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
無気肺の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


無気肺は、肺の一部、または、肺胞内の空気がなくなってしまう状態です。
気管支を塞いでしまうことでこのような状態になってしまいますが、
気管支を塞ぐ原因としては、肺がん、異物の混入、胸水、肺気胸などがあります。
急性と慢性の場合があり、腫大したリンパ節、腫瘍、動脈瘤が外部から気管支を圧迫して気管支が狭くなっていたり、ねじれていることで空気の通りが悪かったり、胸部を圧迫することが原因となることもあります。
また、肺の手術後の合併症として、無気肺が生じることもあります。

胸部レントゲン写真の画像に異常(肺の大きさの減少など)がみられたら、CT検査でさらに詳しく調べます。
CT検査で肺に空気が入っていない部分があれば、わかります。
痰による場合は、マメに体位を変えることで、無気肺の改善効果が見られることがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)無気肺の症状、治療