◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
歯髄炎の症状、治療、応急処置
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


歯髄炎とは、歯髄に炎症が起きる病気です。
原因は、虫歯の進行により、炎症が歯髄に達することや、
虫歯を治療したときに、使用した薬による刺激や歯を削るときの物理的刺激などです。
歯を何かにぶつけてしまう打撲や破損によって、歯髄炎を発症してしまうこともあります。
最も多いのは虫歯を放置したことにより、細菌や細菌が生産する毒素が歯髄に達することで炎症を起すというパターンです。
歯髄炎が進行すると細菌が歯根膜にまで及んで歯根膜炎になってしまうことがあります。
歯根膜炎と歯髄炎の違いは、炎症の発症部位ですが、歯根膜炎の場合は、
歯と歯茎の間の膜に炎症が起きるので、歯だけの症状でなく、あごがはれるなどの症状が出ることがあります。

急に痛みが強くなってしまい、すぐに歯科に行くことができないときの応急処置としては、
口の中を清潔にしてから市販の歯痛止めの薬を塗布します。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)歯髄炎の症状、治療、応急処置