◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
エプーリスの症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


エプーリスとは、歯肉炎の一種です。
歯肉炎というのは、歯肉が赤くはれ、硬いものを食べたり、
歯を磨いたときに出血したりすることです。
歯肉にプラークが付着して炎症を起した状態です。
正しい歯の磨き方を身に着けて、プラークコントロールすることで、
歯肉炎は改善し、出血しなくなります。
歯肉がただれてしまうような急性壊死潰瘍性歯肉炎の場合は、強い痛みと出血があり、
口臭も強くなります。
エプーリスは、歯肉にできる良性のはれもので、原因は歯肉に虫歯や歯のかぶせ物による刺激によります。

妊娠によって生じる妊娠性エプーリスというものもあり、別名妊娠腫といいます。
口の中を清潔に保つことで予防できる可能性もありますが、
妊娠性エプーリスは分娩後に小さくなるか消失します。
妊娠時のホルモンの変化と歯石などが原因となります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)エプーリスの症状、治療