◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
肺線維症の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


肺線維症は、肺の組織が線維化してしまう病気で、原因は肺の慢性的な
炎症により、肺の線維化が促進されることによると考えられています。
炎症の原因としては、粉塵の吸入、ウイルスの感染、膠原病などがあります。
ブレオマイシンなどの抗癌剤、漢方薬の小柴胡湯、インターフェロン、抗生物質などが原因となったり、強い放射線を浴びたことが原因となることもあります。

肺機能検査を行います。
肺活量、%肺活量、1秒率、1回換気量、努力性肺活量、1秒量、残気量などを調べ、
どの程度肺の機能が低下しているかを調べて、治療の方針を考えます。
肺線維症の場合は、%肺活量が80%未満であることが多いです。

聴診器をあてると、パチパチという水泡音が聞こえたり、
胸部X線検査で両肺の下側に、小さな白い線が見られることなどで診断がつきます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)肺線維症の症状、治療