◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ガラクトース血症の症状、原因
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


ガラクト−ス血症は、遺伝的疾患でガラクトースを代謝する酵素が欠けていることにより、
ガラクトースをグルコースに変換できず、さまざまな症状を呈する病気です。
先天性炭水化物代謝異常症の1つです。
先天性炭水化物代謝異常症というと、他にあげられるのは
フルクトース不耐症などです。
糖の一種でエネルギー源となります。
ガラクトースを代謝する酵素が欠けていることで、肝臓や腎臓に毒性のある物質がたまってしまいます。

ガラクト−ス血症の原因は、ガラクトース‐1‐リン酸が蓄積してしまうことによります。
ガラクトース‐1‐リン酸が蓄積してしまう原因は、ガラクトースを代謝する酵素が欠けていることです。
乳糖のことをラクトースといいますが、それにギリシャ語で乳を意味するGalaがついてガラクトースといいます。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)ガラクトース血症の症状、原因