◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
舌炎の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


舌炎とは、舌に炎症が起きて、さまざまな症状が起きる病気です。
原因は食生活によって栄養のバランスがとれていないことや、口内炎が悪化して引き起こされたりすることによります。
ビタミンB2が不足すると、ビタミンB2欠乏症になり、粘膜に炎症が起きやすくなります。

他の原因としては、全身の疾患の症状の一部として現れたり、歯にかぶせた金属冠の刺激によることもあります。
歯自体が磨り減ったり、かけたりして口の中を傷つけやすいことにより、
歯で口の中を傷つけてしまい、舌に炎症が起きることもあります。
全身の疾患に伴う舌炎の場合は、ウイルス性疾患、悪性貧血、鉄欠乏性貧血などがあり
ヘルペスウイルスやエイズウイルスに感染することによる場合があります。

舌炎になった舌の写真をみると、舌全体が赤みがかっています。
歯などで舌を傷つけて、舌炎になることがありますが、
舌以外の口の中を傷つけてしまうと、口内炎になってしまうことがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)舌炎の症状、治療