◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
低酸素脳症の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


低酸素脳症は、脳に酸素が届かなくなることにより、さまざまな症状が発生する病気です。
原因としては、呼吸に障害が発生したり、頭を打った場合など、脳に酸素を送る機能に障害が発生することによります。
新生児などでは、低酸素性虚血性脳障害といって、出生後まもなく意識障害が現れることがあり、こん睡状態に陥り、痙攣などの発作が起きて重症の場合、死にいたることもあります。
後遺症が残る確率も高く重篤な病気です。
新生児が低酸素脳症になる原因は、染色体異常や妊娠中に母親が風疹に感染したことなどによります。
また、分娩時の事故が原因となることもあります。
酸素吸入、ブドウ糖の投与を行い、酸素と糖を脳に補給して対処します。

大人でも、喘息など呼吸器の病気をわずらっている場合は、
何らかのひょうしに、低酸素脳症になってしまうことがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)低酸素脳症の症状、治療