◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
インスリノーマの診断、症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


インスリノーマとは、膵臓にあるインスリンの分泌器官である
ランゲルハンス島β細胞に腫瘍が発生する病気です。
一種の低血糖です。
インスリノーマには良性のものと悪性のものがあります。
原因は、ランゲルハンス島β細胞に腫瘍が出来ることにより、
インスリンが過剰につくられるようになり、インスリンの働きである血液中の糖を細胞にとりこむ働きが活発になるので、血液中の糖分が筋肉や脂肪細胞に取り込まれ、
結果的に血糖値が下がるということになってしまうのです。
単に下がるだけでなく、異常に低下し、低血糖状態となり、さまざまな弊害が発生します。

フェレットなどのペットもインスリノーマになります。
特に高齢のフェレットには一般的な病気です。
まれではありますが、犬や猫もインスリノーマになることがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)インスリノーマの診断、症状、治療