◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
肺気胸の症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


肺気胸は肺をつつんでいる胸膜に穴があいて、肺の中の空気が胸腔にもれてしまい、
肺が縮んでしまう状態で壁側胸膜、肺胸膜に穴があいたために空気が入り込みます。
気胸の多くは自然帰郷です。
原因は肺嚢胞が破れることがほとんどで、肺胞の一部が嚢胞化したものをブラと呼び、
胸膜直下に出来た嚢胞をブレブといいます。
ブラやブレブが破れることで、吸気が胸腔に洩れます。
肺気胸は痩せ型で背が高く、若い男性に多く発症します。
女性の場合は月経随伴性気胸の場合もあります。
年配の人の場合は肺気腫肺結核肺がんなどに伴う続発性気胸が多いです。
他には事故などによる外傷性気胸や医原性気胸などがあります。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)肺気胸の症状、治療