◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
舌がんの症状、治療
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


舌がんは舌のがんです。
口の中にできるがんの総称を口腔がんといいますが、
発生する場所により、舌がん、歯肉がん、口唇がん、口底粘膜がん、唾液腺がん、頬粘膜がんなどと分類されています。
舌がんは口腔癌の約50%を占めていて、最も発生率が高いです。
入れ歯や歯並びの悪さなどにより、舌を傷つけやすい場合に発症しやすく、
刺激が繰り返されることが原因となります。
歯のとがった部分などにより、舌に小さな傷やしこり、潰瘍などができて、
それらが誘因となり舌がんを発症してしまいます。
口の中が不衛生であったり、タバコを吸うことが原因トなることもあります。
女性よりも男性に多く、頸部への転移が多いです。
早い段階で頸部のリンパ腺が腫れてきます。
舌がんの写真や画像をみるとわかりますが、
素人では、写真や画像から、舌がんと他の病気と区別することは困難です。
普通の口内炎かと思ってしまうこともあります。
そのため、鏡で見ても、よくわからないでしょうが、似たような状態になっていたら、
病院にいって検査した方が良いです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)舌がんの症状、治療